宇宙人達のいる空き家を解体、エンたち3人は、ボディシーアらパンク仲間と乗り込むが、
エン以外の人間らは気絶させられ、
老婆の最高責任者PTが、子どもを食べ人口を減らしていき、
最期に残ったPTは自分を食べて、全てを終わらせる目的があると述べると、
他のPTがそのしきたりを廃止しようと多数決を行い、6人のPTが3対3に別れ
廃止にはできなかったが、ザンが親になれば投票権があると1人のPTが叫ぶが、
それは子どもを産んでからの話しで、ここでは産めないから、星に戻らなければならず、
最高責任者PTが、3時間したら退去するから、自分で選択してと言われたザンは、
エンと団地の廊下に立ち、景色を眺めながら、ここで産めばいいと言うエンに、
ここでは産めないし、しきたりを止めることができるとザンは言い、6つのコロニーを描くと、
ザンからもらって青色に変化した指輪を7つ目のコロニーだと置いていると、
3時間が立ち、仲間たちは次々と団地から飛び降り星に帰還していくと、
ザンは「愛してる」と告げ、飛び降り星に帰還していき、
数日後、自転車を押しながら学校に向かう制服姿のエンたち3人がいた自転車