例によって遅くまで仕事をしていた。 丸投げされた苦情応対だった。 言いたい事がたくさんあるのだろう。 なかなか電話を切ることができなかった。 それでもようやくこちらの条件を飲んでいただき、 無事、空き家解体で電話を終わることができた。 もう事務所には誰も残っていなかった。 事務所の片づけをしながら、明日の段取りを考えていたら 組合の監視員が大勢なだれ込んできた。 こんな遅くまで何をしている!この時間は残業禁止だぞ! そんなことを言われたような気がする。 さんざん説教して、直属の上長に携帯で説教して、 ペナルティの説明をして去って行った。 説得力がないので、何を言われたか覚えていない。 一度やってみせてほしいのは、苦情対応中に 「残業禁止時刻になりました。組合の名においてさようなら。」 とお客様に言って電話を切ってもらうことだ。 そこまでやってのけるなら、説得力も出てくる。