ところがここに無敵の酔っぱらい登場。私のことだ。 何の躊躇もなく皆を置いてその車に飛びつくと、 「いやヤバイっ・・・